◆噴火警報・予報
平成27年07月28日16時00分
札幌管区気象台発表

<雌阿寒岳に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
ポンマチネシリ火口から約500mの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性
<噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引上げ>

<火山活動の状況及び予報警報事項>
 雌阿寒岳では、26日からポンマチネシリ火口付近の浅いところを震源とする身体には感じない程度の微小な火山性地震が増加しています。
 また、昨日(27日)国土交通省北海道開発局の協力により実施した上空からの観測および本日(28日)の現地調査の結果、ポンマチネシリ火口付近で地熱域が拡大し、噴煙の勢いも増加しているのが認められました。
 このように雌阿寒岳の火山活動は活発になっており、今後ごく小さな噴火が発生する可能性があります。

<火口周辺警報:入山規制等>
北海道釧路市 北海道足寄町 

<防災上の警戒事項等>
 ポンマチネシリ火口から約500mの範囲では、ごく小さな噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
 風下側では火山灰や小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

戻る